MENU

ファーマバイセルを使う3つのメリット

調剤薬局M&Aに革命を!3つのゼロ円サービス

売買手数料

案件紹介手数料

ホームページ作成

薬局開業における現状と手数料の比較

 

質問!
いま調剤薬局に勤務している薬剤師ですが、 自分の薬局を持ちたいと思っています。 新規で店舗を一から作れば自分のイメージに合わせて店舗設計が出来るので一番良いですね?

 

独立をお考えなんですね。それなら新規で開業するのではなくM&Aという方法をお勧めします。新規開業は結構リスクが大きいですよ。開業するにあたって場所を探さなければなりませんし、新規に許可を取らなければなりませんし、時間もかかります。
それに、新規店舗になると患者さんがどの程度来てくださるかも読めません。M&Aでも企業努力は必要ですが、すでに営業中の薬局は、ある程度の患者さんは開業当初から見込めるアドバンテージは確実にありますよ。


 
今営業している薬局を譲ってもらうということですね! コストも抑えられそうですしね。早速M&Aの仲介業者さんに連絡してみます!

 

連絡の前に、もう少しだけ話をさせてください。
コストの面は、付き合うM&A業者さんによって大きく異なるので注意が必要です。薬局のM&Aにおける仲介手数料は、資産価値からすると他の業界と比較して非常に割高です。問い合わせてみると驚きますよ。

手数料は売り手から取る、買い手から取る、両方から取るなど仲介業者によって様々ですが、最終的に仲介業者に払う金額が1,000万円を超えるというような事は普通にあります。ちょっとこれをご覧ください。

 

この表をご覧いただくとわかるように、だいたいこんな価格設定をされている仲介業者が多いわけですね。まぁ上場企業とか大手M&A企業だと薬局以外のM&Aも手がけているでしょうから、その分従業員も多くてコストもかかるので手数料を高くするのは仕方がないことです。
一部には手数料ゼロを謳っているところもありますが、ゼロでは経営が成り立たないので、別名目の形で取っていることも多いです。しかし初期コストが高すぎるという事は、薬局のオーナーを目指す薬剤師さんの芽を摘むことになります。地域に根ざした個人薬局が衰退するということは、国が目指す地域医療連携を後退させ、患者さんにとっても良くないことであると私たちは考えています。


 
なるほど。それでファーマバイセルさんは買い手の薬剤師さんが今後の経営に負担がかからないような価格設定にされているということなんですね。

 

はい、弊社は少数精鋭でやっていますし、他事業で十分に収益を得ていますので、この事業ではどちらかと言うと、売り手のオーナー様にもご満足していただける譲渡額を確保しつつ、開業を目指す薬剤師さんの初期コストを最小限に抑えるご支援をして、薬剤師さんの可能性を広げたい、という思いが強いですね。なので買い手側にかかる初期手数料はズバリ300万円(※ファーバイ会員価格)を基本としています。

 

 

なるほど。

運営経費が抑えられているため格安の手数料でサービスできるという事ですね。でもそれだけコストを削ると、サービスが悪かったりするんじゃないですか?

 

そんなことはないです。弊社は譲渡物件のチェックを綿密に行いますので、経営状態を把握して、買い手様にとって有益でない物件は取り扱わないことにしています。従いまして、どんな物件でもとりあえず仲介して1件でも多く成約したい、とは考えていません。また、多くの仲介業者は、仲介すればそれで終わりというところがほとんどですが、弊社は開業に向けて強力なサポートをいたします。例えば、ホームページ作成やドメイン取得・管理、サーバ契約・管理なども自分でやると非常に面倒でお金もかかりますが、なんとこれら全てがサポートの中に含まれています。また、オプションではありますが、専門のFP(ファイナンシャル・プランナー)有資格者が薬局経営だけでなく、ご本人・ご家族のライフ・プランニングまでご相談を承ります。例えば、薬局を売却してお金を手にされたオーナー様が「老後のために資金を増やす計画を立てたい」というような場合も相談に乗らせていただきます。

しかしながら、私たちは積極的に営業も宣伝も行っていませんので、検索か紹介などで偶然目に留めていただく事があれば、その方はラッキーかもしれませんね。

 

なるほど。運営経費が抑えられているため格安の手数料でサービスできるという事ですね。開業後にホームページを持つのも自分では難しいと思っていたので、そのサービスはありがたいです。また、M&Aは一生に一度の大きな買い物でもありますから、その後のライフプランも見据えてのアドバイスをいただけるのは非常に心強いです。

 

ありがとうございます。他にも様々な特長があるのですが、ここでは全て言い尽くせません。弊社は独立開業を本気で考えている薬剤師さんを全力でサポートします。ぜひお気軽にご相談ください。


 

 

わかりました。いろいろとありがとうございました。今後のために参考にさせてもらいます。

 

最後に1つだけいいですか?
どうしてファーマバイセルと いう名前なんですか?

 

ファーマ(Pharma:薬局)とBuy & Sell(売買)をくっつけた造語で、ファーマバイセル(Pharma-baisel)です。
略してファーバイとか言われるくらいまで知名度が上がれば嬉しいですけどね。


 

 

なるほど。それでファーマバイセルなんですね。わかりました。
いろいろと教えてくださってありがとうございました。
すごく参考になりました。条件に合った店舗が出たらすぐに手続きが取れるよう準備だけはしておきます!